スイング作り

トップのグリップの位置はアドレスと同じになってますか?【スイングづくり 実践編19】

  • 再生回数:85

 
今回の動画は、トップの位置でのグリップについての解説です。

トップで力が入っている人は、往々にしてアドレスの時の形が変わっています。

特に右手に力が入ると、右手の平が左手から離れて、肘が体から浮いてしまいやすくなります。

これ、フライングエルボーって言います。

名前はかっこいいけど、そうなってはダメよ^^;
 

新着動画レッスン

  1. ダウンスイングの正しい右足の動きは?右足のかかとはずらさない!【ゴルフ心理学 実践編26】

  2. ダフらないダウンスイングの方法!前傾キープはこの意識で解決!【ゴルフ心理学 実践編25】

  3. ダウンスイングで軸を動かさないようにするコツは?【ゴルフ心理学 実践編24】

  4. ダウンスイングの右肩の動きは?右足・右膝の体重移動や重心は?【ゴルフ心理学 実践編23】

  5. スイング改善のコツはこのイメージ!腕の仕事を理解しよう③【ゴルフ心理学 実践編22】